物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

その他

前の記事「ヒナスミレ」に続いて秩父で見てきたスミレたちを
いくつか紹介します。
どれも普通種、よく見かけるものです。

撮影日 2015.04.12: 埼玉県
イメージ 1
ノジスミレ(野路菫)<学名:Viola yedoensis Makino>



イメージ 2
コスミレ(小菫)<学名:Viola japonica Langsd. ex Ging.>



イメージ 3
エイザンスミレ(叡山菫)<学名:Viola eizanensis (Makino) Makino >
イメージ 4

イメージ 5





イメージ 6
イメージ 7






イメージ 8
タチツボスミレ(立坪菫)<学名:Viola grypoceras A.Gray>
イメージ 9
.
イメージ 10
.
イメージ 11
.
イメージ 12

イメージ 1
 イチリンソウ
 
 パソコンの調子が悪くてしばらく留守にしてしまいました。
また、画像が表示されないこともあったみたいで失礼いたしました。
こんな画像でした・・・と言うわけでこちらに載せてみました。
 
イメージ 2
ハグロスワスミレ(エイザンスミレ×タカオスミレ)

寒さ増していよいよ植物たちも冬枯れの季節になります。
この時期ならではの植物たちも無くはないのですが、
やはり少ないですよね。
ということでこれからは植物ネタの少ない時期を迎えます。
当ブログも冬眠してしまうかもしれないので、
そうならないように
こんな企画を考えてみました。
 
ブログ"雑草日記"で野菜,果物に関していろいろな
寄せ集めの知識を紹介していきます。
題して・・・
 
   『野菜,果物 薀蓄シリーズ』
 
 
まずはどんなものになりますか、第一回として
良くご存じであろう野菜、
を取り上げてみました。
まずはご覧ください
(15日6時指定投稿にしてあります。)
イメージ 1
 
記事を見ての感想、誤りなどのお叱りなどなど・・・
ございましたらどしどしコメントもらえるとうれしいです。
なかなか返信ができず失礼するかもしれないのですけど
ご容赦ください。
イメージ 2
 
さて、2回目は果物でも・・・
時期のもので柿・栗・蜜柑・林檎・・・
何にしましょうかね。

スミレ(菫)<学名:、Viola mandshurica>
ヒメスミレ(姫菫)<学名:Viola inconspicua subsp. nagasakiensis>
 
スミレ科スミレ属:多年草

題材不足なんで・・・
今のスミレ達の姿を記録してみました。
特に良く似たスミレとヒメスミレです。
 
桜山公園で見かけたスミレ
イメージ 1
撮影日 2014.8.19: 群馬県
イメージ 2
 
葉柄の翼がはっきりしていて間違いなくスミレであることが分かりますね。
 
次はヒメスミレです。
 
家の近所の側溝脇に生えていたヒメスミレ
イメージ 3
撮影日 2014.8.19: 群馬県
イメージ 4
葉柄に翼がないですね。鋸歯も違うのが分かりますか。
似ているものでも比較して見ると違いがはっきりと分かります。
 
 
 
 
 
 

しばらくぶりの投稿になっちゃいましたね。
今日はスミレ勉強会とのコラボ記事としてすみれの実生と夏葉について
記事にしてみました。
 
私は栽培はしていません。
なぜかというと  ・・・  
私は、雨が降ろうと水をやってしまうなどかわいがりすぎて・・・?!
遂には枯らしてしまうことが多くて・・・
 
しばらく工事で通行止めになっていた峠道が開通したので通りましたが、
「このあたりにはマルバ・エイザンがごっそりと生えていたはず・・・」と
車を止めて覗いてみると
ありました。  いっぱいイメージ 1
 撮影日 2014.6.29 : 群馬県
イメージ 2
中央のマルバスミレと左上にエイザンスミレが写っています。
 
エイザンスミレは夏になると葉が大きく3裂になります。イメージ 3
たまには5裂するものもあります。

以前撮った春の花時の葉と夏葉が対比できるものをご覧ください。イメージ 4
撮影日 2009.5.24 : 群馬県
 
まったく違うものに見えます。
この画像にはエイザンスミレの実生が写っています。
切り取ってみましょう。
イメージ 5

夏葉と同じ3裂の本葉ですね。
 
先のマルバとエイザンの写真にはマルバスミレの実生が写っているのに
気が付きましたか。
 
マルバスミレの芽生えです。イメージ 6
本葉はもう立派な丸葉です。
 

↑このページのトップヘ