物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

雑種

綺麗な桃色のコスミレが咲くところがあって毎年楽しみに
見に行っていました。
今年葉の切れ込みの違う変わったものがありました。
色々検証してフギレコスミレと同定しました。


フギレコスミレ(斑切れ小菫)
<学名:Viola japonica×eizanensis >
スミレ科 スミレ属 多年草







コスミレとエイザンスミレの交雑種で山地林縁、草地等で
両親種の生える環境でみられる。が、出会える機会はかなり少ない。
イメージ 1
撮影日 2018.3.25: 群馬県
草丈5~10cm、葉はコスミレ状(やや丸みのある卵形~長三角形)で、
葉身は長さ1.5~5cm、葉柄は2~8cm、基部は心形、
縁に不規則な切れ込みがあり浅く切れ込む
イメージ 2
花は淡紫紅色、側弁の基部は有毛
(花色は紅紫色~青紫色とコスミレの花色に影響されるそうです。)
(側弁基部の毛も無毛のものも知られているようです。)
分かり難いですが葉の縁に浅い不規則な切れ込みがあります。
イメージ 3
葉は通常のコスミレの葉と比べ切れ込みが違うのが分かると思います。
イメージ 4
色々な書物、ネット上で見るフギレコスミレの葉は切れ込みが浅く
他のエイザンスミレの雑種のように菊葉と呼ばれるような切れ込みにはならないようです。

花です。
イメージ 5
側弁基部には毛が生えているようです。
イメージ 6
この場所のコスミレは毛が生えていないのですが、側弁有毛の
エイザンスミレの血が入っているために側弁基部に毛が
生えているのではないでしょう。
横顔です。
イメージ 7
距にやや丸みがあります。
コスミレの距はがっしりとした棒状とでもいうような形です。
エイザンスミレの距は丸い袋状で、
フギレコスミレは両種の中間といった形をしています。



資料としてコスミレとエイザンスミレの写真を貼っておきます。
すぐそばで咲いていたものです。

まず コスミレ から・・・ちょっと色がよく出ていないのですが
イメージ 8
葉型が分かりやすいものを
イメージ 9
イメージ 10
色の写りが良くないです。以前撮ったもの↓で確認してみてください。
イメージ 11
側弁基部に毛は生えていません。
距は棒状です。
イメージ 12



次は エイザンスミレ
イメージ 13
葉の切れ込みはご存知の通りです。
イメージ 14

イメージ 15
側弁の基部は有毛です。
距は丸みがあります。
イメージ 16





以下資料画像まとめです。

イメージ 17


イメージ 18

イメージ 19

稔性の確認とか、これからも確認が必要ですね。


ハグロスワスミレ  (葉黒諏訪菫)
< Viola x miyajiana f. sordida >
スミレ科 スミレ属 多年草

エイザンスミレ と タカオスミレ の雑種です。






4月22日



群馬の北の果てにスミレサイシンを見に行った帰りに
ハグロスワスミレが見られるところへ確認に行ってみました。

イメージ 1
撮影日 2017.04.22: 群馬県

未だ蕾でした。

イメージ 2



5月2日

もう咲いているだろうと連休に再度出かけてみました。
残念ながら2つほど咲いたようでもう痛んでいました。

イメージ 3
撮影日 2017.05.2: 群馬県

1つ未だ開き始めの花がありましたが、良い状態の花が見られず
残念でした。

姿はスワスミレと同じですね。

イメージ 4

エイザンスミレの紅色が出ています。

イメージ 5

側弁に毛が多く、紫条は濃くタカオ譲りのようです。

イメージ 6

葉の色はタカオスミレのように茶褐色をしています。

イメージ 7

スワスミレ(諏訪菫)
<学名:Viola×miyajiana >
エイザンスミレヒカゲスミレとの雑種










スワスミレエイザンスミレヒカゲスミレとの
雑種です。

イメージ 1
撮影日 2017.4.8: 群馬県

紫条が強くてヒカゲスミレ状です。
側弁の毛も多いですね。

イメージ 2

エイザンスミレの血が入っているので
葉には不規則な切れ込みがあります。

イメージ 3

ヒカゲに似て花柄に白毛が多いです。

イメージ 4
1つ虫に食われたのか痛んでいました。

ミドリミツモリスミレ(緑三ツ森菫)
<学名: Viola. ×pseudo-makimo f. concolor >
スミレ科 スミレ属  多年草












イメージ 1
撮影日 2017.4.15: 群馬県

山地の林縁、林下などに生える多年草で、高さは5~10㎝。
フモトスミレとマキノスミレの自然交雑種です。
(雑種なんで両母種が見られるところでないと見つかりません。)
葉は卵状披針形で、両種の中間形。裏面は紫色を帯びる。

イメージ 2

花は淡紅紫色で、直径1~1.3センチ。側花弁は普通有毛。

イメージ 3

花の色は紅紫色でマキノスミレ似
唇弁の形はフモトスミレ似
側弁は有毛で フモトスミレ似

イメージ 4

最初に長野県の三ツ森山でマキノスミレとフイリフモトスミレとの
交雑種ミツモリスミレ(斑入り)
が発見されましたが、
その後、斑のないフモトスミレとの交雑種が みつかり、
ミドリミツモリスミレ」と呼ばれるようになった。

過去記事⇒   、 
 

ヘイリンジスミレ(平林寺菫)
<学名:Viola x hiyamae F.Maek.>
スミレ科 スミレ属 多年草











スミレとヒメスミレの交雑種です。

イメージ 1
撮影日 2017.4.15: 群馬県.

姿はヒメスミレに似ていますが、
距の色合いはスミレのように濃い紫になります。
が花弁に比べるとやや薄いみたいです。

イメージ 2

葉はあまり立つことがなく横に広がります。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



↑このページのトップヘ