物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

雑種



フイリシハイ×マキノ(斑入り紫背×牧野)
<学名:Viola violacea f. versicolor×v. violacea var. makinoi >
スミレ科 スミレ属 多年草


イメージ 4
撮影日 2018.05.05: 長野県


イメージ 2



イメージ 1



イメージ 3




フイリシハイ×マキノ(斑入り紫背董×牧野董)
<学名:Viola violacea f. versicolor×v. violacea var. makinoi >
スミレ科 スミレ属 多年草



    フイリシハイスミレ   と    マキノスミレ   の交雑種
イメージ 1
撮影日 2018.05.05: 長野県
丈5~10㎝くらい
葉は緑色。脈に沿って斑が入り無毛。葉裏 淡紫色。
シハイスミレのように濃くはない。
形は両親の中間形だがやや幅がある。
狭卵状披針形で、マキノスミレより基部がやや広い。
托葉 長三角形で鋸歯がある。
イメージ 2
花期4月上旬~5月上旬頃 。花は1.5㎝前後、 側弁には毛がない。
イメージ 3
距は淡紅紫色で細めで長い。
イメージ 4
萼は暗淡紫色で付属体は全縁。
イメージ 5
交雑する両親の色によって花色に変異があり準白色~淡紅紫色~紅紫色と
幅広い。
(ここのフイリシハイは淡紅紫色、マキノスミレはやや濃い
紅紫色が多く交雑種はやや濃い淡紅紫色といった感じです。)

親であるマキノスミレとフイリシハイスミレの中間型のような葉が特徴。
不完全稔性があるとされるため種子で増えることもあるといいます。
 
今回訪れた山はマキノスミレとフイリシハイスミレが多く混生しており、
斑が入った細めの葉のすみれも多く、交雑種の可能性がとても大きい。
とても悩まし個体もありました個体が多かったです。
(掲載した写真は出来るだけわかりやすく特徴が出ているものを選んだ。)





マキノスミレ     
の特徴としては
  シハイスミレの変種で東日本に多く分布しています。  葉は細い披針形で全体に細長い三角形という感じ。  葉は垂直に立つ傾向が強いのが特徴です。  (全てが垂直ということではありません。)
×

フイリシハイスミレ  の特徴としては
  シハイスミレの変種で葉脈に沿って白い斑が入る品種。 葉は長卵形~披針形。葉は斜め上から水平になる。



雑 種

やや立つ幅の狭い葉に斑が入っている・・・両種の特徴が表れています。


フギレコスミレ(斑切れ小菫)
<学名:Viola japonica×eizanensis >
スミレ科 スミレ属 多年草






先日記事にした、フギレコスミレ の様子を見に行ってきました。
雑種の場合不稔になることが多く、稔性があることは稀です。
花後に実ができるかどうかが雑種判断の一つとしても有効です。
自花受粉で実をつける閉鎖花が不稔なら
より確かに雑種と判断できると思います。
イメージ 1
撮影日 2018.04.19: 群馬県
イメージ 2

イメージ 3
実は付いていませんでした。
開放花は不稔です。
やはり雑種の可能性が高いです。



近くのコスミレはご覧の通り
イメージ 4
実が膨らんでいます稔性があるようです。



今回はフギレコスミレとの初出会いの思い出話です。



フギレコスミレ(斑切れ小菫)
<学名:Viola japonica×eizanensis >
スミレ科 スミレ属 多年草






初めてフギレコスミレに出会ったのは
2009年 4月 12日のことでした。
スミレにのめり込むようになってから
数年目のことでした。
イメージ 1
撮影日 2009.4.12: 群馬県
近くにはヒカゲスミレやエイザンスミレが多く
その交雑種スワスミレも見られるところです。
最初は「コスミレか・・・」と思ったのですが
鋸歯、切れ込みが違う・・・
イメージ 2
で、いろいろ書物など調べてフギレコスミレの存在を
知りました。
姿からフギレコスミレと同定しました。
花はほぼ終わった状態でしたので、来年の開花に
期待したものです(次の年見られなかったのを覚えています。)
イメージ 3
写真を見返すと距の様子はコスミレとは違いますね。
イメージ 4
とても切れ込みが荒いのが印象に残っていました


フギレコスミレ(斑切れ小菫)
<学名:Viola japonica×eizanensis >
スミレ科 スミレ属 多年草




前の記事『フギレコスミレ』の近くで別の株があるのを
見つけました。

イメージ 1
撮影日 2018.4.1: 群馬県
前に記事にした株とほぼ同じような形態です。
イメージ 2

イメージ 3
側弁に毛が生えています。
イメージ 4
やはり距はエイザンスミレに似てきています。
イメージ 5
葉の縁に浅い不規則な切れ込みがあります。
イメージ 6




近くのコスミレです。
イメージ 7
葉の切れ込みが全く違います。
側弁には毛が生えていません。
イメージ 8



前回記事にした株の花は、もうすっかり終わっていました。
イメージ 9
種ができているか、触ってみるとまるっきり何も
入っていないようです。
不稔のようです。
雑種は不稔になることが多いです。

イメージ 10
こちらはその近くのコスミレです。
やはり花が終わっていますが、こちらは触ると種の感じが
はっきりわかります。

↑このページのトップヘ