物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

ナガバノスミレサイシン

 前に距の短いスミレとして載せたことがありますが 四月の初めに開花を見に行ってきました。
前の記事のスミレサイシンが日本海側に分布するのに対して太平洋側に分布しているのが
ナガバノスミレサイシン
です。 一秋の地元から一番近い分布地は秩父なんです。
去年見つけたときは花が終わっていたので今年は早めに行って花を見てきました。
¥¤¥᡼¥¸ 1
名前の通り葉が長いです。
¥¤¥᡼¥¸ 2
 葉は未だ開ききっていません。
   この仲間は葉が開ききる前に花が咲く特徴があります。
   前の記事のスミレサイシンもそうなんですが
   ちょっと終わり際だったんでだいぶ開いていました。
 
 
 
距はとても短いですね。¥¤¥᡼¥¸ 3
同じ仲間・近い仲間なんで
スミレサイシンの花に
似ていますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

で 、 こんなのを見つけました。
¥¤¥᡼¥¸ 4
右下の青い花と比べてもらうと分かると思いますが
白花です。
¥¤¥᡼¥¸ 5

 日本海側にだけ分布している スミレサイシン と言うスミレの仲間で葉が細長いので
    ナガバノスミレサイシン    と呼ばれるスミレです。
しばらく前に埼玉の武甲山へ案内してもらって見に行ったことがありました。
今回は たまたま、ずーと群馬寄りで出会いました。
\¤\᡼\¸ 1
 花はもう終わっていて種ができていました。
 \¤\᡼\¸ 2
 
 
 
 
 
 
 
\¤\᡼\¸ 3
 本当に長い葉をしています。
スミレサイシンの仲間は 
  葉が開く前に花を咲かせる。
  距が短くて丸い。
などの共通の特徴があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本海側分布の スミレサイシン に対して
太平洋側分布の ナガバノスミレサイシン  
完全に住み分けています。
以前の記事はこちら・・http://blogs.yahoo.co.jp/hanano800/61789947.html

¥¤¥᡼¥¸ 1
¥¤¥᡼¥¸ 2
¥¤¥᡼¥¸ 3
¥¤¥᡼¥¸ 4
 スミレサイシンが日本海側に分布するのに対して太平洋側に分布するスミレ。群馬では桐生の方に1ヶ所に分布があるのみ。
この仲間《スミレサイシン・アケボノスミレ》は距がずんぐりしていて太く短いのが特徴。
少し前に埼玉で撮ったもの  花付がよかった

¥¤¥᡼¥¸ 1
¥¤¥᡼¥¸ 2
 今日は少し足を伸ばしてお隣の県埼玉へすみれを見に行ってきました。
こちらのすみれは時期的に花は終わっているだろうとは思っていましたが葉に特徴があるので
すぐにわかります。
これはナガバノスミレサイシンです。長い葉が特徴の太平洋側分布種

↑このページのトップヘ