物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

スミレサイシン類

アケボノスミレ(曙菫)<学名:Viola rossii Hemsl.>
スミレ科 スミレ属 多年草




一秋の大好きなスミレのひとつアケボノスミレ。
詳細は過去記事(アケボノスミレの書庫にいくつか記事があります。)をご覧ください。

イメージ 1
撮影日 2015.04.12: 埼玉県

今回は埼玉 秩父界隈のアケボノスミレです。
イメージ 2
数は大変多いのですがまだ早くてあまり開いていませんでした。
イメージ 3
花は”曙の名の通り紅紫色で大変綺麗なスミレです。
イメージ 4
横顔です。距が短いのも特徴のひとつです。

葉は花時には完全に開いていないです。
イメージ 5

あんまりの物臭会員です。
会長の要望に答え、いままでに撮りためた写真からスミレ勉強会用に記事を作ります。
(3本立てで進めていきますので・・・)
 
まずいくつかスミレをご覧いただきましょう。
まずは一秋の大好きなスミレ  アケボノスミレから・・・
 
アケボノスミレ(曙菫)<学名:Viola rossii Hemsl.>
スミレ科 スミレ属 多年草
 

北海道南部から本州、四国、九州の太平洋側の内陸部中心に分布。
(西日本では少ないそうです。)
イメージ 1
花の色がうまく出ていませんね。・・・
 

明るくて乾いた雑木林の下や縁などに多いです。
イメージ 2

4月中頃~5月に紅紫色の大柄な美しい花を咲かせる。
イメージ 3
落ち葉の中から花だけが出ています。こんな環境のところが好きなようです。
 
葉が展開する前に花が開く特徴はスミレサイシンの仲間に共通する特徴。
イメージ 4
花だけが出ているように見えます。
 
イメージ 5
花弁は肉厚。側弁に毛が生えています
 
イメージ 6
こちらは側弁に毛が生えていません
イメージ 7
距は短くてぽっちゃりがたです。 ⇒ これもスミレサイシン類の共通した特徴の一つです。
 
一秋の住む群馬県ではちょっと山手へ行けばあちこちでアケボノスミレに
出会うことができます。

いろいろな花をご覧ください。
イメージ 8
 
側弁に毛のあるものないものがあります。
イメージ 9
拡大
 
果実
イメージ 10
 
 
葉は花後に大きく広がってきます。
イメージ 11
イメージ 12
開くと綺麗なハート型です。
イメージ 13


中部地方から関東北部の亜高山帯という極限られた場所に分布しているスミレです。
フォッサマグナ要素の植物と言われ
亜高山の落葉樹や針葉樹林下などや林縁に生えています。イメージ 1
(右下のは小型のタチツボスミレです。)
 
イメージ 2
白花の清楚なスミレです。
 
イメージ 3
側弁に毛は生えていませんね。
距は短いのもこの仲間の特徴です。
がくの付属体に歯は無く丸いです。

 
スミレサイシンの仲間なので
花が開く時には葉が未だ完全に開ききっていません。
イメージ 4
 
 
 
開いた葉はこちらの過去記事を覗いてみてください。
 

19日に埼玉県へスミレ観察に出かけました。
4/6には埼玉県秩父周辺へナガバノスミレサイシンを見に行ってきたのですが、
今回もナガバノスミレサイシンにたくさん出会いました。
イメージ 1
 
一秋の地元では見られないナガバノスミレサイシンがいっぱいで
興奮してたくさん写して来ました。イメージ 2
 
ナガバノスミレサイシンのパラダイス状態でした。イメージ 3
 
 名前のとおり長葉です。
イメージ 4
 
花です。  距が短く丸い特徴があります。
イメージ 5

 ちょっと高い山に咲くスミレなんで花期は5月末~6月頃と遅いです。
7月末に葉を見に行ってきました。
イメージ 1
スミレサイシン仲間なんで葉は花時には完全に開いておらず
開いた葉を見るには花後見に行かねばなりません。
基部は深い心形で先は尖り荒い鋸歯があります。
ややアケボノスミレの葉に似ていますね。小さいですが。
 
では、今年6月に撮った花をご覧ください。
イメージ 2
ご覧の通り葉が開いていないのです。
花は
イメージ 3
白花で唇弁に紫条があります。
横顔です。
イメージ 4
距は短くて円い・・・スミレサイシンの仲間の特徴ですね。
がくの付属体には歯がなく円いです。
 
 

↑このページのトップヘ