物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

エゾノタチツボスミレ

一秋の地元ではあまり見られないすみれの1つです。
\¤\᡼\¸ 1
 タチツボスミレをやや大型にした感じですっと立っています。
大きいものでは30~40cmぐらいになります。
\¤\᡼\¸ 2
花は白っぽいものが多いですが青みの多い花もあります。
\¤\᡼\¸ 3
タチツボスミレに似ていますがいろいろと違いが有ります。
先ず葉は
\¤\᡼\¸ 4
先がやや伸びた感じになります。
花には大きな違いが有ります。
\¤\᡼\¸ 5
タチツボスミレでは側弁に毛が生えていないのですが、エゾノタチツボスミレは側弁に沢山毛が生えています。
距の後ろに溝があって割れているように見えます。
柱頭(雌蕊の先)にたくさんの突起があります。
タチツボスミレとは全く違うものであることが良く分かります。


 まだまだスミレの記事を続けたいところですがもう平地では花も終わりになり
また、他の花もいろいろと咲いていますので今回でとりあえず{スミレ記事}は
おしまいにします。

 エゾノタチツボスミレはタチツボスミレに似ていて少し大きくて立ち上がるように
なります。
¥¤¥᡼¥¸ 1


側弁の基部には毛が生えています。
柱頭(雌しべの先)には突起毛が生えています。

¥¤¥᡼¥¸ 2
距のお尻には溝があって2つに割れているように見えます。
長野の一箇所にしか知られていないタデスミレにも溝があります。

¥¤¥᡼¥¸ 1
¥¤¥᡼¥¸ 2
  やや寒冷地に多い大きくなるスミレですが花は小さくてあまり見栄えのするような花ではありません。
でも拡大してよく見ると側弁に毛が多くなかなかかわいいものです。
めしべの先(柱頭)にも突起毛があるのがこの仲間の特徴です。

北日本分布型のスミレで滋賀県を南限とされていましたが岡山県黒岩高原で見つかって南限が岡山になったそうです。

↑このページのトップヘ