ヒカゲスミレ(日陰菫)
<学名:Viola yezoensis Maxim.>


一秋の地元で見られるヒカゲスミレを紹介します。

1

撮影日 2021.04.10: 群馬県

北海道南部から九州は阿蘇山付近まで分布しているが東北から
中部の太平洋側の低山地に多く西日本では少ないという。

2
谷沿いや沢沿いの落葉樹林の下など湿度が高いところを好み
根を伸ばして群落を形成することが多い。
高さは5~12㎝。地上茎はない。

3
葉は長卵形から長三角形で先は尖り基部は心形となる。葉裏は緑色。
全体に粗い毛が多い。
普通両面とも緑色で柔らかい感じがする。葉の表面が黒紫色に
色づくことがある。

4
花期4月~5月。 花は直径2cm程で白色。花付きはあまり良くなく
大株なのに咲いてないというものも見かけます。
側弁と唇弁の紫条は濃く独特の模様をしています。
側弁の基部には毛が生えています。

5
距はやや太く、白地に紅紫色の微細な斑点がつくこともある。