物臭狸の『すみれ world』

yahooから引っ越し中 トライしています。 いろいろな すみれたち を紹介しています。

2013年05月

 今年も山の中でこいつに出会うことが多かったです。
イメージ 1
観賞用として植えられたものが逃げ出して増えているものです。
色々なタイプが見られました。
イメージ 2
 

今年もたくさん見られました。
イメージ 1

白い花を咲かせる菫の中で最も普通に見かけるものです。
イメージ 2
名前の通り毛の生えた丸い葉が特徴です。
イメージ 3
昔は "ケマルバスミレ" と呼ばれ全体無毛のものを "マルバスミレ" としていましたが
研究が進み無毛品がほとんど見られないことから今では区別せず一括してマルバスミレとしています。
イメージ 4
花は白色で丸弁 綺麗な花です。
イメージ 5

側弁に毛がはえているものがあり
品種・ヒゲケマルバスミレ( f. barbata Hiyama ex F.Maek.)と呼ばれます。
距は太くて少し赤みを帯びているものが多い。柱頭はかまきりの頭のような形をしている。
イメージ 6

北海道から九州まで全国に分布している。
去年の記事は ⇒ マルバスミレ

(名前か写真をクリックすると記事に飛べます。)
イメージ 1
 
 


 
エイザンスミレフイリフモトスミレ雑種

(名前か写真をクリックすると記事に飛べます。)
 
イメージ 1


 
エイザンスミレフイリフモトスミレ雑種

イブキスミレ その2
 
イメージ 1
花は淡い紫色側弁に毛が生えています。
イメージ 2
距は白くやや短ですね。
がくの付属体は歯がなく円いですが大きいです。
 
葉は
イメージ 4
円心形で円く花時にはふちが巻いています。
イメージ 7
 
花が終わっていたものも多かったです。
イメージ 3
イブキスミレは花後に地上茎を伸ばすという特徴があります。(伸びだしているのがわかりますか。)     ここがわかりやすいです。
イメージ 6
花時は地上茎がなく花後伸び出すという変わった特徴を持つスミレなんです。
 
もう一つ この後の形にも特徴があります。伸びた茎の先には2枚の葉が付き
その上に閉鎖花をちょこんと乗せる姿は特徴的です。
未だなので以前に撮ったその様子をご覧ください。 
次の画像は2007年6月撮影(長野県)です。
イメージ 5
 
 

↑このページのトップヘ