フモトスミレ(麓菫)
<学名:Viola sieboldii Maxim.
スミレ科 スミレ属 多年草







本州、四国、九州の比較的陽が入る林縁や二次林、
アカマツ林などに生育することが多く、2000m位の
亜高山でも見られる。

イメージ 1
撮影日 2017.4.15: 群馬県

葉は長さ1~3㎝。卵形が普通だが先が尖るもの
もあり変化がある。基部は心形。暗緑色~濃緑色。
普通光沢は無いがあるものもある。裏は紫色を
帯びていることが多い。

イメージ 2

葉の表面に白い斑が入ることもある。
(斑の入るものはフイリフモトスミレと呼ばれる。)
花柄は暗紫色。花柄は葉より高く伸びる。

イメージ 3

花は直径1㎝前後。白色~淡紫色で比較的
変化が多い。花弁の裏が紫色になる個体もある。
唇弁に赤紫色の筋が入り、小さめで先が尖っている。
上弁は反り返ることが多い。

イメージ 4

側弁の基部は有毛。距は短く太く丸く
花色より濃い紅紫色を帯びる。

イメージ 5




和名の由来は、山麓でよく見かけることから麓菫となった。