ヒメスミレ(姫菫)
<学名:Viola inconspicua Blume
   subsp. nagasakiensis (W.Becker) J.C.Wang et T.C.Huang>

スミレ科 スミレ属 多年草








本州〜九州の人家近くによく生え、やや乾燥した道ばたや
あまり手入れされない芝生の周辺、公園などに生える。
人里にみられる植物であり、山間部や森林周辺ではまずない。
(帰化種ではないかなんて考える人もいるのが分かります。)

芝生の中に群生していました。
イメージ 1
撮影日 2017.4.15: 群馬県

全体に毛がない。高さ 4~8 cm ほど。根は白い。

イメージ 2

葉は三角状披針形、長さ 3~4 cm、、左右に張りだした部分に
鋸歯が目立つ。

イメージ 3

裏面は紫色を帯び葉柄には翼はない。

イメージ 4

夏の葉は長三角形で、名前と不つりあいなほど大きくなる。
花期は3~5月。紫色の花をつける。花は濃紫色、
側弁の内側には毛がある。柱は逆三角形。

イメージ 5

距は太めでぽってりしていて、緑白色に赤紫色の斑点がある。
イメージ 6
(赤紫色のかすり模様)



濃紫色でスミレに似ているが、
やや小さいことから ヒメスミレ と呼ばれます。

イメージ 7