解説記事
イメージ 1




キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
<学名:Viola biflora L>
スミレ科 スミレ属 多年草






たくさん群生していました。
イメージ 2
撮影日 2016.6.5: 長野県

北海道、本州の紀伊半島以北、四国山地、屋久島の
高山に分布。亜高山帯~高山帯の湿った岩場の隙間や、
草地や沢沿いの林縁などに生育する多年草。

イメージ 3

葉は2-4 cmの腎円形ないし腎心形、縁には毛が生えている。

イメージ 4

花期は6月~8月。花径は15ミリから20ミリくらいで、
花の色は黄色である。上弁と側弁が反り返る。

イメージ 5

唇弁には褐色の筋が入り、先は尖るものが多く距は短い。

イメージ 7



托葉の様子

イメージ 6
切れ込みはありません

名前は黄花の駒の爪で、花が黄色で、葉の形が馬の蹄の形に
似ていることによる。