ウスバスミレ(薄葉菫)
<学名:Viola blandiformis Nakai>
スミレ科 スミレ属 多年草










北海道、本州中部以北の亜高山帯針葉樹林や落葉樹林下のやや湿った所に
生育する多年草。地上茎はなく、高さは5~8cm。
葉は腎円形または心円形で、薄くてやわらかい。

イメージ 1
撮影日 2016.5.22: 長野県

葉に毛はなく、縁の鋸歯はひだを寄せたように重なるのが特徴。
花時には開ききらず少し巻いていることも多い。
花期は6 ~ 7月

イメージ 2

地面から伸びる花柄に直径1~1.5cmの白色の花をつける。

イメージ 3

側弁は無毛で唇弁に紫色の筋が入り、上弁は反り返る。

イメージ 4

距は袋状で長さ2㎜と極めて短い。花柱を側面から見ると、
先端がかぎ状に下向きに突き出ている。

イメージ 5

距は白色で、短い。

イメージ 6