エゾノタチツボスミレ(蝦夷立坪菫)
<学名:Viola acuminata Ledebour >
スミレ科 スミレ
 




北海道、本州(岡山県以北)の落葉樹林の林床や林縁、半日陰の草地
などにに生える20~40㎝くらいと大型で立ち上がる多年草
(やや寒冷地を好む)
イメージ 1
撮影日 2015.05.24: ぐんま長野県

葉の基部は浅い心形で上部のものほど大きく、葉先は尖る。
イメージ 2

葉柄には毛があるものが多い。
イメージ 3
長野で沢山見かけるのですが、ほとんど白いものばかりです。

花期は4月~5月、花径15~20㎜くらいの小さな花をつける。
花の色は白ないし淡い紫色
側弁には毛が密生する。
イメージ 4

柱頭には突起毛が生え、距は白くてやや短く溝がある。
イメージ 5

イメージ 6

托葉は櫛状に深く切れ込み、毛が生えている。
イメージ 7

別名:イヌスミレ